らいふだいありー

今を生きよう、

死にたい。なぜそこまで思ってしまうのか、危機モデルより。

ストレスはなんなのか。
そう二空サンからコメントいただいて。
なんだろうと。

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country


はい、彼でございます。
いつも鋭い視点から物事を見てくださって、助かっています。
ありがとーございます(^^)


私は人との関わりに対するストレスが大きい。
深く関われば関わるほど。


今回12月の下旬から死にたいと思い始め、さまざまな身体症状、精神症状出現の上、まずは死にたい。とは、思わなくなったのかなと思っていました。


しかし、今回せせと話したことで、徐々に死にたい。と、思いはじめました。

そして、気付きました。


あぁ、私のストレスは自分が人のためによかれと思って何かをしたとき、相手に効果がないときなんだぁ。わかってもらえないときなんだぁ。


だから、前に付き合ってた人は、あまりにも自分の気持ちが伝わらなくて嫌だったんだ。
あんなに一生懸命伝えたのに。
伝わらないからなんだな。



今回もそう。
せせにも、せせの周りにも。
あんなに年月をかけて伝えてきたことが。
せせは責められることによって自分を見失ってきている。なんのために、私と一緒にいたか、わからないでいる。
だから、他の人に伝えられない。
だから、せせの周りの人もわからない。
もちろん、せせはわかってはいる。
でも、それを行動まで、相手を動かすまでには伝えることができない。
相手が悪いのかもしれないけど。



私は人生かけて伝えてきた。
自分が損をすることをわかってて、でも、いつかわかってもらえると、そう思ってやってきた。
でも、伝わらない。
離れて1年経とうとする今もなお。伝わらない。悪者。だれかに責任を押し付ける心理が、私にきている。
じゃないとやっていけないのはわかる。
でも、そーじゃない、自分達が悪いんだよ、とゅーことに気づけないでいる。



あぁ。
あの年月、ムダだったのかな。。。
人生かけて伝えてきたこと。
ムダだったのかな。



人の役に立つのが、きっと自分の生き甲斐。
今、プライベートも仕事も、一生懸命やってもその効果が自分には見えない。それどころか悪者にされる。自分を犠牲にまでして伝えてきたことが伝わらず、責められる。



じゃぁ、どーすればいいの?

いなくなればいいの?消えれば満足なの?
存在が間違いなの?

ここまで人生犠牲にしてきて私にいいことって…なに?




それで今回のケースを振り返りました。

①一昨日話しかけられドキドキし、よくわからないなかでせせの背中を押す。
昨日ショックをうけて意欲がなくなり仕事の小さなミスが多い。
②そのうち、せせと一緒になれないのかな?なれないよな。とゅー自問自答、そして期待。
③今日は悲しくなり泣き、イライラして怒り。そしてまた泣く。

で、自分を見つめ直す。


で、これ。


フィンクの危機モデル4つの段階の覚え方。「衝撃から防御! 商人が敵だぉ(^o^)/」で覚えちゃいましょう。 - マンガで看護師国家試験にうかーる。

フィンクの危機モデル。
きっと、大体の人が大きなストレスをかかえるとこの段階を踏んでいるのではないかと思う。
簡単に書いてくれてますので、読んでみてください(^^)

で。

①衝撃
②防御的退行
③承認
④適応



①~③を私は何度も繰り返しているのかもしれません。
上の私の行動にも①~③をつけてみました。
本当に問題が解決される④は行き着いてないのかもしれません。


でも、二空サンから言われて自分の本当のストレスにふと気付いたことはすごい進歩だと思いました。



私の生き甲斐は『人の役にたつこと』。
幸せだった1~2年前。
公私ともに人の役にたっているとゅーことが実感できていました。
もちろん、せせに必要とされている。
これも実感できていました。
1年前、公私ともにそれを失いました。
どちらも失いました。
多分、とゅーか絶対。
自分のなかで大きかった出来事だと思います。

どれだけ大変でも辛くても、
人の役にたてていることが実感できていたからこそ、幸せでした。



まぁ、それは人によって考え方が違うため、自分がよかれと思ってやってきたことすべてが相手にとっていいことではないことは、知っています。
でも、それでも自分が役に立てるところを見つけることができる。
これが④の正解なのかもしれません。



なんだか、正確な④が見えてくるかもしれません。
と、思いながらまだ辛いですが。
このblogに出会えたからそこ、ここまでたどり着いていると思います。


自分と見つめあうのは大変ですね。